ディスクスペースの状況についてのレポートの作成、ディスクスペース状況についてのレポート、ディスクスペース利用についてのレポート、ディスクスペース状況についてのレポート、ディスクの空き容量についてのレポート

最近,市場にいろいろなディスクスペース使用のための「業務」を提供するプログラムが多くなってきました。このうちの一つについて話しましょう。Directory Sizeというプログラムはディスクスペース管理とこの状況についての通知をするために作成されました。ディスクスペース状況についての通知のおかげでDirectory Sizeはディスクスペース利用やハードディスクのファイル構造や空き容量などについてすべての情報を伝えます。

プログラムが使いやすいインターフェースがあるために、お客さんに気にいるでしょう。ツール・バーはボタンの数が最少であり、主要な動作はディスクスペース利用についての報告をもらえる四つのウインドーで実行されます。

プログラムは「フォルダのツリー」という原理を使って動作をします。上の左のウインドーにあなたのパソコンに保存するディレクトリのツリーが発生します。このおかげでハードディスクの構造についての情報は可視で、ディスクスペース状況についてのレポートが分かりやすいです。

スキャンをして、ディスクスペース状況(全ハードディスクや別なフォルダー)についての報告をもらうことができます。«Scan selected disk» と«Scan folder»オプションの中から一つを選ぶだけです。選ばれたディレクトリの右に具体的に選ばれたディレクトリに対してディスクスペースについての報告が出てきます。このレポートはどういう情報を含みますか。

一番目は同ディレクトリの中にどんなフォルダーとファイルがあるかのことです。二番目は、この容量(バイトとパーセントに)です。三番目はこれの降順での(容量によって)配分です。四番目は、選ばれたディレクトリが含まれるファイルとフォルダーの数です。あるフォルダーを選んで、どのフォルダーとファイルでもディレクトリの中に保存されること、この容量、位置など分かります。五番目は、ディレクトリに保存されるファイルの具体的な拡張子について、この全体の容量と数が分かります。プログラムは各ディレクトリに対してディスクスペース利用についての報告を伝えます。

各ディレクトリにとって素子の配分(容量によって)の一覧表をもらうために下の右のウインドーをご利用ください。この情報は同ディレクトリの一番「重い」フォルダーとファイルを検出するような役割を果たします。

単独の新業務はフォルダやファイルや拡張子にとってのTop100というオプションです。これは各ディレクトリの最初の一番大量の百もの素子についての情報を伝えます。このおかげでハードディスクの一番大量のファイルはどれか、どこに保存されるかわかることができます。

ディスクスペースの空き容量についてのレポートをもらうことが簡単になっていきます。下の左のウインドーにバイトでもパーセントでも各ディスクの空き容量についてのデータを見ることができます。

Directory Size は別のファイルでディスクスペースについてのレポートを用意する機能があります。«Save» や «Save all scanned files»というオプショーンを利用して、別のフォルダーにテキストファイルかHTMLファイルのように出された結果を保存してください。将来にこのファイルをあっさりと利用できます。

フィルターというDirectory Size のディスク利用の検査のためのツールの中の一つものについて少し話しましょう。フィルターはどんなファイルの属性がスキャンに勘案するかしないか選べるように役に立ちます。プログラムにファイルマスク(すなわち拡張子)、容量とファイルのオーナーというような三つの属性が含まれています。例えば、ファイルのマスクにおいて、含んだものか除いたもの二つ異体からどれか選ぶことができます。最後の異体にEXE拡張子を選んだら、この拡張子のファイルはスキャんから除かれます。最後の異体にEXE拡張子を選んだら、この拡張子のファイルはスキャんの範囲から除かれます。

Directory Sizeの長所を使って、速くいおよび良質なディスクスペース状況についての報告をもらうことができます。プログアムの利用はユーザーにとって安楽なことになります。