ディスク利用の検査のためのディバイス、ディスク利用の検査、ディスクスペース利用のアナライザー

あなたのパソコンのハードディスクは空き容量がいつも足りないと見付かったことがありますか?細かいディスク利用の検査をするために時間と余力はない訳ですか。どんなフォルダーはどこに保存されて、どの内容があるか分かりやすくないでしょう。だが、ディスク利用の検査のための新しいユーティリティーが現われました。実際にディスク利用の検査を実行する間、人間は参加しなくても結構です。このプログラムはMoleskinsoftのDirectory Sizeという新製品です。 ディスクスペース・アナライザーの創案者が提供するのことは何ですか。

一番目は、使用がやさしいことです。プログラムは大きくないツールボックスと明白に四つの直観的に理解できるディスク利用についての情報を提供する分かりやすいウインドーからなっています。これをもっと明細に見てみましょう。

ディスク利用の検査をするプログラムの第一のウインドー(上の左にある)はあなたのハードディスクに保存されるフォルダーのツリーを表示します。ハードディスクに保存されたフォルダーの構造という必要の結果をあっさりともらうために、ツールボックスにどのディスクでも選ぶだけで結構です。他のディレクトリに対しても同結果をもらうことができます。(Scan-Scan folder).

二番目のディスクスペース利用のアナライザーのウインドー(上の右)は一番大事なものです。ここであなたが選ばれたフォルダーの内容について必要な情報を全部もらいます。ディスク利用の検査あなたに1)どんなファイルとフォルダーがディレクトリに保存されるか、2)この容量(ビットとパーセントに)、 3)どんなファイルはサイズが一番大きいのか、 4)検査されるディレクトリの中にいくつのファイルとフォルダーが保存されるかのことが分かることができます。

しかし、これは以上ではありません。「上位100フォルダー」と「上位100ファイル」と「上位100拡張子」というオプションは百もの一番大きい素子に関する統計(フォルダー、ファイル、拡張子)を見る機能です。このオプションのおかげでどんなファイルがハードディスク容量の主な部分を占めるのかわかります。あるファイルは不要なのが分かるかも知れません。

プログラムは、検索の結果を明確にするために、フィルター(Scan-Filter)があります。このおかげでディスク利用の検査のためにあさりとデータをフィルターするできます。フィルターはファイルのマスク(拡張子)、容量、ファイルのホルダーのような成分を含みます。例えば、ディスクスペースのスキャンの結果からEXEという拡張子があるファイルを除きたければ、このコマンドを使うだけで十分です。スキャンの後で全部のEXEファイルの共通の容量が除いたフォルダーが出てきます。

三番目のアナライザーのウインドー(下の右)はスキャンの結果の視覚化のために作成されました。一覧表のおかげでディレクトリの中にどんなファイルとフォルダーは一番大きい容量があって、これらはディレクトリのどの部分を占めるかあっさりと分かります。恐らく、この一覧表のおかげでディレクトリの中にどんなファイルは価値があって、どんなファイルを削除してもいいのか分かりやすくなります。

最後のフォルダーに(下の左)はディスクスペース利用について参考情報があります。

しかし、これでディスク利用の検査をするためのディバイスの可能性は以上ではありません。スキャンをした後で、ディスク利用の検査の結果は将来に役に立つだろうと思ったら、別のフォルダーにHTMLかTXTの形で保存してください。

Directory Sizeをご利用していただければ、パソコンんに関する問題についてほとんど忘れてきます。