ディスクの利用、ディスクの利用のためのユーティリティー、ハードディスクの利用

ディスクの適当の利用のために何が必要ですか。少ない経験とディスク利用のための良質なユーティリティーです。ここで二番目の条件について話しましょう。Directory Sizeは機能性の高級と利用のやさしさを配合する近代のディスクの利用こそに作成されたユーティリティーです。

プログラムは、具体的にどんな機能がありますか。ディスク利用のために作成されたユーティリティーで、Directory Sizeは情報を集めて、ハードディスク(ディスクスペース、ディレクトリとファイル容量フォルダーの構造などです)の検査をします。プログラムを利用して、あなたのパソコンに保存されたすべてのディレクトリとファイルについてのデータを得ることできます。Directory Sizeはディスクスペースの構造の検査をするために強力なツールを上げます。ディスク利用のためのユーティリティーは一番便利なフォルダーの提示の方法であるツリー構造を提供します。必要なディスクを選んで、数秒に全部保存されたフォルダーとサブフォルダーについて情報をもらえます。

Directory Sizeは各ディレクトリの構造をもっと細やかにに調べるように利用されます。次のウインドウにあるディレクトリを選んで、どんなファイルとフォルダーがディレクトリに保存されたか、あるいはこの容量(バイトでも、パーセントでも)や検査されるフォルダーのサブフォルダーの数についての情報をもらいます。一定のフォルダーを選んで、上のフォルダーのような詳しい情報をもらいます。すべてはご希望とご意見次第です。

明白の画像を好き者にDirectory Sizeはグラフィカル形容にされたディスク利用についてのグラフィカル情報を提供します。プログラムは次のウインドウに明白のデータの提出のために一覧表を出力します。

ディスク利用のユーティリティーのノベルティーは具体的なディレクトリの最大量の100個のファイルとフォルダーについてのデータをもらう可能性です。どんなファイルはあなたのハードディスクの容量の最大部分を占めるのか分かるために«Top100 folders»や«Top100 files»を押せば良いです。«Top100 extensions»という別途のオプションはディレクトリに保存される一番頻繁なファイル拡張子についてのデータをあっさりともらう機能です。

フィルターのおかげでハードディスク利用についての情報のもらいかたはもっと簡単になりました。 ディスク利用のためのユーティリティーは前もって系列の基準(マスク、容量、ファイルの持ち主)を使ってこれからの結果をファイルターします。例えば、マスクのフィルターは検査分野からある拡張子を除く機能があります。この場合にフィルターでセットした基準に対応するデータだけ表示されます。例えば、「音楽」というフォルダーにmp3ファイルはどれくらいの容量を占めるか知りたければ、この拡張子だけ記入して、結果をもらえます。

Directory Sizeをディスク利用のためのユーティリティーのように使えば、効果的なディスク管理のためのディバイスを利用できるようになります。プログラムを利用して、パソコンの使用を楽しんでください。