大量のファイルを探す、大量のフォルダーを探す、大きなファイルを探す、大きなフォルダーを探す

進歩は止まらないことはパソコンの分野こそではっきり見えます。我々は現代のデーダ容量が快速に増加することを見て、前に有り得ないとされた可能性を発見します。今まで、高い解像度の良質の映画を保存するためにハードディスクを利用する可能性があるのを想像にもなかったでしょうか。しかし、こんな可能性はいつか終ってしまいます。やがて各ユーザーは以前に大きくて大量であったハードディスクの空き容量はどこへ消えてしまったことか気になります。実際に、原因はいくつかあるでしょう。これはシステムとインストールしたプログラムによって作成された登録ファイルとテンポラリーファイルに関係があるかも知れません。動作の後でイストール・テンポラリーファィルを削除しない「自堕落」なインストーラーにも関係があるでしょう。パソコンを利用するユーザーが数人であったら、他のユーザーはただ無断であるファイルを自分(もっと簡単で、いい)のフォルダー、それとも自分ではない(ずっと難しい場合)フォルダーかシステムディレクトリさえに保存して、自分のデータと情報であなたのハードディスクを満たしてしまった可能性があります。やがて、あるオペレーションを慌ててしたら、ただ自分の大量のファイルやフォルダーと何の動作をしたのか覚えない可能性もあります。

我々はユーザーが起こした問題(ハードディスクに大量なファイルとフォルダーがあること)の具体的な原因を検出する必要性があるという例をあげました。システム内蔵のサービスプログラムは、この問題を解くためにたっぷり当てないということに気を付けることです。このプログラムは、機能的にいろいろな目的のために作成されました。ファイルの簡単な検索はいつでも明確に全体の大量のファイルとフォルダーの存在と可能現われる原因の状況を表すことができないでしょう。ファイルとフォルダーの容量について情報を表示できるファイル・マネージャーは普通容量の計算をしている時、システムを過負荷して、大きなファイルとフォルダーを探すようにフォルダー構造を見てスクロールするようがありません。速くディスクス内容の容量を算定したり、一番大量のデータ素子の保存場所を見付けたり、便利で直観的な方法で情報を表示したりすることができる特別なツールが必要となります。

Directory Sizeはあなたのパソコンが使用されたディスクスペースの検査をします。ファイルとフォルダーの組織は直観てきでユーザーにとって使いやすい方法で(フォルダーのツリー構造とファイルのリストはWindows Explorerの構造のように見せます)視覚化をします。リストはフォルダーやファイルの容量やファイルとサブフォルダの数、上カタログのすべての容量との割合についての情報があります。ファイルとフォルダーの棒グラフか各フォルダーとこの名と凡例を表す扇形がある円図形のような内容を可視化した形容を見ることができます。プログラムは相当拡張子で分別したいろいろな形式のファイルの数について情報を表紙します。プログラムはバックグラウンドでデータをスキャンしています。ユーザーによってわざとスキャンが停止される可能性があります。フィルターを利用して、一定のファイルの形式について詳しい情報をもらって、スキャンから除名できます。フィルターを利用して、ファイルの形式について詳しい情報をもらって、検査されるファイルの容量を限定してスキャンからこれを除名きます。スキャンの結果をHTMLファイルとして保存できます。

従って、Directory Sizeはあなたのディスク内容の良い管理をするために効果的で使いやすいディバイスです。